更年期を軽やかに|アルツハイマーを和らげる手法|年齢に負けない

アルツハイマーを和らげる手法|年齢に負けない

女の人

更年期を軽やかに

男女

イソフラボンを上回る効果

更年期の症状に苦しむ女性の増加とともに、急激に脚光を浴びているのがエクオールのサプリメントです。しばらく前までは更年期対策用のサプリメントとしてよく用いられたのは大豆などを原料としたイソフラボンのサプリメントでした。しかしその後の研究によって、大豆イソフラボンを摂ってもそのままでは女性ホルモンをサポートする作用が小さいことがわかってきたのです。大豆イソフラボンは腸内に棲むエクオール産生菌という菌の作用を受けてはじめてエクオールという形に変化します。エクオールの状態にまで変化しなければ、大豆のイソフラボンは女性ホルモンと同様の働きをするには至りません。そこで最初からエクオールをサプリメントで摂ればよいということになったのですが、市販のサプリメントの含有量には製造元によって違いがあるので表示を確認して選ぶことが大切です。

含有量を確かめて選ぶ

女性ホルモンの不足を補うという点で、女性が1日に必要とするエクオールの量は約10ミリグラムであるとされています。市販のエクオールのサプリメントには10ミリグラムに満たない含有量の製品もあります。体内でエクオールをある程度生産できる女性であれば少ない量のサプリメントでも十分に補える可能性がありますが、エクオール産生菌を全く持っていない人もいるためやはり目安として10ミリグラムくらいは含まれているサプリメントを選ぶのがよいでしょう。自分が腸内にエクオール産生菌を持っているかどうかについては、病院で調べてもらうという方法のほかに市販のキットで調べてみるという手段もあります。産生菌の有無を確かめてからサプリメントを選べば、より自分に合った商品を選びやすくなるでしょう。